KAMIにできないことはない(未来)

「紙」から社会に貢献できるKAMIへ(平成23年~)

阿波製紙は創業以来、豊富な水資源と山林資源に支えられ事業を営んでいます。

私たちの生活も同様に石炭、石油、天然ガスなどの自然エネルギー資源の営みにより自然と共生することにより成り立っています。しかしながら、今日では世界的人口増加による化石燃料の使用量増加で、地球環境への影響が指摘されています。この現状を私たちは自覚し、地球の恵まれた自然環境を何がなんでも自分たちの手で守り抜かねばなりません。

研究員そのためには現在の主力製品に加え、再生可能なバイオマス資源、無尽蔵な太陽エネルギー資源、未利用の海洋資源などを活用するための機能材料開発により、持続可能な循環型社会の実現を目指したいと思います。

大気汚染、水汚染、エネルギー問題などの万国共通の課題を解決するために、阿波製紙のコア技術を活かした機能材料の開発に取り組むとともに、「環境との調和を目指した新しい市場ニーズに応える商品」の開発・製造を通じて未来の社会に貢献し続けていきます。

阿波製紙の製品の歴史

年代

鉛蓄電池用セパレーター原紙

エンジン用フィルター

分離膜支持体紙

クラッチ板用摩擦材原紙

M-fine(マイクロフィルター)

CARMIX(放熱フィン)

  • 書道半紙、ちり紙(機械漉和紙)
  • セルロイド原紙
  • パーチメント紙
  • 蚊取りマット用原紙、コースター用原紙他(厚物特殊紙)
  • 鉛蓄電池用セパレーター原紙
  • 化粧板原紙
  • 耐熱クッション紙
  • エンジン用フィルター
  • 建材用原紙(不燃・難燃壁紙他)
  • 建材用原紙(無機繊維)(タイルカーペット用芯材他)
  • ガスケット用原紙(素材の変更有)
  • 分離膜支持体紙
  • PURELY(ポリエステルシート)
  • ALT(ポリオレフィンシート)
  • 不燃ハニカム用原紙
  • クラッチ板用摩擦材原紙
  • VOC吸着シート
  • ワイヤーカット用フィルター
  • nanowoven(ナノコートフィルターメディア)
  • M-fine(マイクロフィルター)
  • CARMIX(放熱フィン)
KAMIにできないことはない
過去:およそ1世紀前から顧客のニーズに合わせて、紙でできることを実現してきました。
現在:「紙(KAMI)にできないことはない。紙を超える紙を創造」をモットーに、産業を支える機能紙・不織布を日々開発しています。
未来:創業より続く、「チャレンジ精神」と「ものづくり精神」で高付加価値のオンリーワン製品を創造していきます。

ページのトップへ