一事一貫

2015年1月26日

  ■ AWA PAPER NEWS ■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 ┃                                                                
 ┃       機能紙・不織布の共同開発メーカー 阿波製紙株式会社        
 ┃                    vol.121 【 2015/ 1 / 26 】        
 ┃                                        
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  http://www.awapaper.co.jp/ 

 
    ≪目次≫ 
       
  01:[ ご 挨 拶] 今月の社長メッセージ
  02:[二 ュ ー ス] 平成26年度社内成人式開催
  03:[二 ュ ー ス] 新機能性材料展2015に出展
  04:[シ リ ー ズ] 若き日の回想 (第8回:感謝の想い)
     
                     
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ■  ご 挨 拶 ■
┃――――――――――――――――――――――――――――――――――
┃ 一事一貫
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                 取締役社長 三木康弘


 皆様方におかれましては輝かしい新年を迎えられ、新たな夢に向かってスタ
ートを切られていることとお慶び申し上げます。

 また今年は戦後70年、阪神淡路大震災や地下鉄サリン事件から20年を迎え、
多くの犠牲になられた方々に哀悼の意を表すると共に、あらためて戦争や災害、
テロの恐ろしさを考える年になるかと思います。今回のイスラーム国の人質事
件などは強い憤りを感じているところでありますが、テロのグローバル化は日
本をも巻き込み、世界からその対応が注視され、国民全体がその現実に対処す
ることを迫られてきています。多様な世界に関心を強く持てば、残念ながら平
和というものが如何に成り難く、有り難いものであるか、身を切る努力なしに
は得られないものであると目を覚まされます。安倍総理には、日本人の平和に
対するぶれない姿勢と積み重ねてきた徳行を世界に正しく示すと共に、世界の
調和を図るリーダー役を一貫した言動で担われることを期待します。

 一方企業経営者は、そうした世界の指導者の思惑で変化する環境下でそれぞ
れの城を守り、グローバル視点で事業展開をしていかなければ成長できない時
代を迎えています。TPPの締結も射程距離に入って来ました。人口減少の穴埋
めをするがごとく外国人観光客による消費は増加し、課題とチャンスが相俟っ
ています。民間も国内外での交流を通じ日本の和の精神と繊細な真心を尽くし
たモノづくりなど、一事一貫した事業活動により世界の平和と調和に貢献でき
ればと痛感します。

 今年は乙未の干支からも見られるように、新たな一歩を踏み出すも色々な抵
抗や圧力で中々芽が出にくい年のようですが、今踏み出しておかなければ何時
までも出てこないという事になります。開発・販売体制をより一層強化し、経
営理念の実現に向けて行動していく年にして参りたいと思います。



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ■ 今月のトピックス ■
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 │■ トピックス 1 平成26年度社内成人式開催
 ├―――――――――――――――――――――――――――――――――
 │平成27年1月23日(金)
 │当社は、1月21日、本社・徳島工場で本年度に成人を迎えた社員4名の社内
 │成人式を行いました。
 │→ http://www.awapaper.co.jp/news/news_20150123_295.html
 └―――――――――――――――――――――――――――――――――

 │■ トピックス 2 新機能性材料展2015に出展
 ├―――――――――――――――――――――――――――――――――
 │平成26年12月10日(水)
 │当社は、2015年1月28日~30日に東京ビッグサイトにおいて開催されます
 │「新機能性材料展2015」の「一般財団法人四国産業・技術振興センター」
 │ ブース(小間番号:2E-04)に出展いたします。 
 │→ http://www.awapaper.co.jp/news/news_20141210_293.html
 └―――――――――――――――――――――――――――――――――


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ■ シリーズ ~若き日の回想~ ■
┃――――――――――――――――――――――――――――――――――
┃ 第8回 -  感謝の想い
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               研究開発部 シニアエンジニア 高原 豊


 合成繊維紙の開発に携わっていた頃のことです。ラボ段階ではこうやればで
きるという処方箋は既に出来上がっていました。新マシンが完成し実機テスト
を実施したところ、何とかシートになるところまではいきましたがそのあとが
上手くいきません。とくに分散が充分ではなく繊維同士の絡まりが発生してし
まうのです。原料分散工程の順路や方法等考えられることはすべて実行してみ
ましたがこれといった成果は得られませんでした。当日関係仲間と実機試作の
後に打合せし明日の計画を立てる。毎日がその繰り返しで、いつの間にか新マ
シンのスペースを埋め尽くし、挙句の果てに試作品の山になっていました。

 困り果てていたときに、資材課の大先輩から“原料メーカーにももっと相談
せなあかんのとちゃう?”と助言がありハッ!! としました。今まで材料メーカ
ーには親身になって頼ってなかったなあ。それはその通りやなあ、“材料メー
カーにもっと相談しよう“そう思いました。それからは毎日のように原材料メ
ーカー担当の方と連絡をとり、原料繊維の製造条件等の改良変更品を数多く試
作してもらいました。それでも尚、上手くいかなかったので、メーカー担当の
彼が飛んできてくれました。「もう我々としても考えられることは殆どやりま
した」そう彼は言いながらも次回はどうやるかについて色々と考えてくれまし
た。もちろん当社の中でも名案があれば試作に盛り込んでいきました。「今度
は今までやり残していたことを中心に繊維試作品を作ってみます」彼はそう言
ってくれました。

 それからしばらく経って6種類の試作品を作ったから送ると連絡がありまし
た。今度の一連の試作でいよいよ、最後なのか!!! 断崖絶壁に立たされたよう
な状況の中で、ついにその審判の日がやってきたのです。日曜日なのにアドバ
イスをくれた資材課の大先輩が付き合ってくれました。なんと材料メーカーの
彼までもが早く結果が知りたいといいながら、自分のことのように心配して駆
けつけてくれました。当社の仲間も何回も繰り返して失敗をしながらも投げ出
さず、前向きな気持ちで対応してくれました。このように私だけでなくみんな
の思いが通じたのか、やっとひとつだけ良いものができました。この結果を足
掛かりにして、ようやく一段階進み、次の段階までたどり着くことができたの
です。

 最初は合成繊維紙で苦労した時の回想をしようと書き始めたのですが、書い
ているうちに想いだすのはやはり人でした。振り返れば、あの時の資材課の大
先輩は心の奥で、プレッシャーで視野が狭くなっていた私に”一人で抱え込ま
ず、ふさわしい人に相談して頼んでみなさい”と導いてくれたのだと、そう想
うようになっていました。

 次回は、更に数年を経た出来事についてご紹介していきたいと思います。



  最後までお読みいただきまして誠にありがとうございました。
  ご質問、ご感想などを下記にお寄せいただけましたら幸いです。


  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ 発 行:阿波製紙株式会社 http://www.awapaper.co.jp/
  ■ 連絡先:770-0005 徳島市南矢三町3丁目10-18
        Tel:088-631-8229 Fax:088-632-0079
  ■ E-mail: tech@awapaper.co.jp
              ( IRに関するお問い合わせ ir-info@awapaper.co.jp )
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   Copyright 2015 Awa Paper Mfg. Co.,Ltd. All Rights Reserved.

メールマガジンバックナンバー

ページのトップへ