月満ちれば欠ける

2015年9月28日

  ■ AWA PAPER NEWS ■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 ┃                                                                
 ┃       機能紙・不織布の共同開発メーカー 阿波製紙株式会社        
 ┃                    vol.129 【 2015/ 9 / 28 】        
 ┃                                        
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  http://www.awapaper.co.jp/ 

 
    ≪目次≫ 
       
  01:[ ご 挨 拶] 今月の社長メッセージ
  02:[二 ュ ー ス] 「徳島ビジネスチャレンジメッセ2015」に出展
  03:[二 ュ ー ス] 「2015とくしま子ども発明・科学の祭典」に協賛及び出展
  04:[二 ュ ー ス] 軟式野球部「第70回全徳島軟式野球選手権大会」にて優勝
  05:[シ リ ー ズ] 若き日の回想 (第16回:癒しの想い)
     
                     
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ■  ご 挨 拶 ■
┃――――――――――――――――――――――――――――――――――
┃ 月満ちれば欠ける
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                 取締役社長 三木康弘


 仲秋の候 如何お過ごしでしょうか。今月28日はスーパームーンと呼ばれる
大名月を眺めることが出来るそうです。今年最少になった3月の満月と比べる
と、約5万km地球に近かったために1.14倍大きく見えるといいます。変わら
ないものと思っているものでも、常に変化は起きているものですね。勿論月は
満つれば欠けるもので日々目に見える変化を見せてくれていて、世の中すべて
の物事にも当てはまる気がします。

 先般米中首脳会談がワシントンで行われましたが、超大国の陰りが見える米
国と台頭する中国との間のパワーバランスの変化がとても懸念されました。そ
の中国も経済成長の勢いは欠け始めており、またあの独VW社も満つれば欠ける
というには余りにもお粗末な不正が発覚し大騒動になっています。安倍政権の
支持率もやや下がり気味となりましたが、是非にも日本経済が満ち満ちて世界
経済の牽引役となるような政治を期待したいものです。

 当社を省みてみますと、順調な商品や市場が存在する一方かつての主力商品
であっても順次寿命が尽きてまいります。順調なものこそ気を引き締めていか
なければ何時欠け始めるかわかりません。しかも外部環境だけでなく社内の油
断や奢りから起こる要因がなお怖いものです。お客様の小さな声を大きくとら
えて、社内の片隅の声にしっかりと耳を傾けて、自らの視点を変え軌道修正が
速やかに行える感度の高い風土を作ってまいります。そして問題障害をチャン
スと捉えられる勇気と素直さを育み、常に異質化し進化成長して参りたいと思
います。



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ■ 今月のトピックス ■
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 │■ トピックス 1 「徳島ビジネスチャレンジメッセ2015」に出展
 ├―――――――――――――――――――――――――――――――――
 │平成27年9月25日(金)
 │当社は、10月29日(木)~31日(土)の3日間「アスティとくしま」におい
 │て開催されます『徳島ビジネスチャレンジメッセ2015』に出展いたします。
 │「CARMIX(炭素複合材)」を展示いたしますので、是非、ご来場くだ
 │さい。
 │→ http://www.awapaper.co.jp/news/news_20150925_308.html
 └―――――――――――――――――――――――――――――――――

 │■ トピックス 2 
 │ 「2015とくしま子ども発明・科学の祭典」に協賛及び出展
 ├―――――――――――――――――――――――――――――――――
 │平成27年9月25日(金)
 │当社は、10月24日(土)・25日(日)の2日間「アスティとくしま」におい
 │て開催されます「2015とくしま子ども発明・科学の祭典」に協賛及び企業
 │ブース出展をいたします。
 │→ http://www.awapaper.co.jp/news/news_20150925_307.html
 └―――――――――――――――――――――――――――――――――

 │■ トピックス 3 
 │  軟式野球部「第70回全徳島軟式野球選手権大会」にて優勝
 ├―――――――――――――――――――――――――――――――――
 │平成27年9月16日(水)
 │当社軟式野球部は、9月11日、徳島県鳴門市(オロナミンC球場)で行われま
 │した「第70回全徳島軟式野球選手権大会」の決勝戦にて勝利し、通算4度目
 │の優勝を果たしました。
 │→ http://www.awapaper.co.jp/news/news_20150916_306.html
 └―――――――――――――――――――――――――――――――――



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ■ シリーズ ~若き日の回想~ ■
┃――――――――――――――――――――――――――――――――――
┃ 第16回 - 癒しの想い
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               研究開発部 シニアエンジニア 高原 豊


 小学校低学年といっても今から50年以上も前になりますが、あの頃は木の
存在をとても近くに感じていたのです。学校へ行けば校舎は木で出来ているし、
中へ入れば下駄箱もそして廊下も教室もみんな木で造られていました。そんな
木に包まれた中で走り回っていた廊下は、ひときわ温かい感触が足から伝わっ
てくるのです。そして毎日のように磨かれて年期が入った表面はツルツルにな
り、思わずスケート遊びも楽しめる状態なのです。でも廊下繋がりで一つわず
らわしいのは、掃除当番でした。みんなが帰った後に当番2~3人だけ残って
掃除という悲しいパターンの中で、廊下の雑巾掛けは始まりました。“なんと
か早くできないかなぁ”そう思うとつい悪知恵が浮かんできたのです。“ほな
いくぞー”と言いながらバケツ一杯の水を廊下にぶっ掛けて、波しぶきの中を
水上スキーのように水面を筒一杯広げた雑巾が滑っていく…といったイメージ
でしょうか。びしょびしょになりながら、終着点で待っていたのは、なんと先
生だったのです。“こらー!! 何やっとんじゃ!!”と散々怒られスゴスゴと帰
っていきました。あくる日廊下を見ると表面の光沢はなくなり、ふやけていま
した。やばいことになってきたなぁとしょんぼりしながら、なんか歩いた時ポ
テッとして滑らずいつもの感触はなくなっていて、“ツルツルの表面に戻って
くれたらなぁ!!”と願いました。あれから1週間くらいで廊下は乾燥し元通り
スベスベの状態に戻ったので、やっとほっとした気持ちになりました。

 懐かしい幼少の頃の想い出ですが、このような苦い経験の中でも木の感触に
癒されていたような気がします。あの頃からか建築材料は、木材から次々と、
コンクリート、石膏ボード、鉄筋やアルミサッシ等の金属類、塩ビや合成繊維
等のプラスチック類等へと代わっていったのです。そして今は木造を知らない
子供達がいても不思議でないくらい木造建築が少なくなってきていて…それと
いうのも当時は、火災や震災の予防のために燃えない丈夫な材料が選ばれ、ま
た戦後の森林伐採による木材の不足といった背景があったようです。木造が少
なくなった今、改めて木の味わいの良さが見直されつつあります。林野庁や大
学等の研究機関によると、木の癒し効果は本当にあると科学的にも証明されて
いるようです。

 いったい木材のどの成分が癒し効果を生み出しているのでしょうか?木の主
成分としては、セルロースとヘミセルロースそしてリグニンがあり、この三つ
で90%以上を占めています。その中でもセルロースは一番多い成分で、繊維
状をしていて樹木をしっかりと支えている役割です。木材に限らず殆どの植物
はセルロースを主成分としていて、天然では最も多い有機物なのです。野菜な
どの食物繊維!!…その大半はセルロースですが、体内で殆ど消化されず役に立
たないようにみえて、健康にとても重要なものだと広く知られるようになって
きました。食物繊維の効果は腸内に止まらず、口から入って大腸に至る一連の
消化器官までをも良い影響を与えているようです。こういった数多くの効果は
項目毎に様々な科学的根拠を基に説明がなされ“うーん!! なるほど!! ”とう
なずいてはみるものの、あの幼少の頃の経験を思い出すとつい“セルロース繊
維に体内を癒されているのでは??”そう想えてならないのです。

 木の癒し効果から始まった回想ですが、木を作っている成分にも同じような
効果があるのではないだろうかといった好奇心から思わぬ方向に進んでいくこ
ととなりました。次回は当社も馴染みが深いパルプを中心に、回想していきた
いと思いますので、宜しくお願いします。




  最後までお読みいただきまして誠にありがとうございました。
  ご質問、ご感想などを下記にお寄せいただけましたら幸いです。


  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ 発 行:阿波製紙株式会社 http://www.awapaper.co.jp/
  ■ 連絡先:770-0005 徳島市南矢三町3丁目10-18
        Tel:088-631-8229 Fax:088-632-0079
  ■ E-mail: tech@awapaper.co.jp
              ( IRに関するお問い合わせ ir-info@awapaper.co.jp )
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   Copyright 2015 Awa Paper Mfg. Co.,Ltd. All Rights Reserved.

メールマガジンバックナンバー

ページのトップへ