CARMIX(カルミックス) 紙製放熱シート・フィン

CARMIX 他のCARMIX製品はこちら

紙製放熱シート・フィンは、当社の抄紙・加工技術を用いて炭素材料の持つ高い放熱特性を活かして開発したものです。
現在金属が主流である電子部品やLED照明の放熱部など熱対策が必要な箇所へ紙ならではの多様性を活かして、拡がりが期待される製品です。

用途別: 家電用 自動車用
機能別: 熱特性 電気
産業分野別: エネルギー 自動車 電気
素材: -

CARMIX(カルミックス) 紙製放熱シート・フィン

CARMIX(カルミックス) 紙製放熱シート・フィン

  • 用途・実績
  • 特長
  • よくある質問
  • 関連技術
  • 関連製品・素材
  • お問い合わせ

用途・実績

用途例

電子部品やLED照明の放熱部に使用されている放熱フィン 等

実績例

工場用LED照明、橋梁用LED照明 等

ページのトップへ

特長

紙製だから可能な多様性

軽量化

軽量化
金属フィンと比較して、重量を約80%削減できます。移動用車両LEDへの使用による省エネルギー化などが期待できます。

放熱特性

放熱特性
金属フィン(アルミ)と同等の放熱特性を有しています。LEDやその他電気電子材料の長寿命化が可能です。

難燃性

難燃性
独自の技術を用いて、ハロゲン、重金属フリーで放熱シートを難燃化しています。
(UL94V-0相当)

耐久性

耐久性
特殊な加工により、長時間経過後も当初と同様の性能を保持しています。

加工性

加工性
折加工、ハニカム加工、コルゲート加工等各種形状に加工が可能です。

接続面の自由性

接続面の自由性
様々な形状の壁や天井等に使用が可能です。

紙製放熱フィンの構成例

図:紙製放熱フィンの構成例

当社紙製フィンとアルミ製放熱フィンの比較

紙製放熱フィンは、アルミ製と比較して熱伝導率は低いものの熱放射率が高いことでほぼ同等の放熱効果を有することができます。

 当社紙製放熱フィンアルミ製放熱フィン
放熱効果アルミフィン同等-
素材の比重12.7
熱放射率(熱伝導率)0.6[20~50W/(m・K)]0.1>[230W/(m・K)]
重量軽い重い
表面積紙表裏が利用可能表面のみ
成形性成型、加工が容易成型方法により鋳型必要

放熱性能比較

グラフ:放熱性能比較

耐久試験

グラフ:耐久試験
-40~100℃にて1000サイクルの耐久試験

※上記データはすべて測定値であり、保証値ではありません。

ページのトップへ

よくある質問

紙製放熱シート・フィンは、燃えますか?
UL94V-0相当の難燃性があります。
耐久性は、どの程度ですか?
シートによる耐久試験(-40~100℃)1000サイクルで、強度および熱伝導率の低下はありませんでした。
その他のよくある質問
耐水性は、どの程度ですか?
塗料をコートすることで、ある程度の耐水性を付与することができます。
耐熱性は、どの程度ですか?
常時使用温度200℃程度を想定しています。
サンプルは提供して貰えますか?
サンプル譲渡同意書にご署名頂いた後、シートサンプルや成型サンプルを提供させていただきます。
価格はいくらですか?
オーダーメードで作製しておりますので、その都度、御見積させていただいております。
シートでの購入は可能ですか?
基本的に成型品にて販売しておりますが、シートでのご購入をご希望される場合は、ご相談させていただきます。
環境対応はどうですか?
ハロゲンフリー、鉛フリーでRoHS基準に対応しています。

ページのトップへ

当製品のお問い合わせ

担当:事業開発部 吉川
TEL: 088-631-8321 FAX: 088-632-0079

お問い合わせフォーム

ページのトップへ