分析

原材料の同定や性能評価、また、環境負荷物質の調査など、様々なニーズに自社分析及び分析機関への依頼等により対応します。

走査型電子顕微鏡(SEM)

製品や原材料である繊維、粉体などの表面状態や微細構造などを観察するために使用します。

走査型電子顕微鏡(SEM)

イオンクロマトグラフ

イオン性物質を分離するクロマトグラフで、当社では、シートの抽出液中の無機イオンの分離定性などに使用します。

イオンクロマトグラフ

ガスクロマトグラフ

ガスの成分を分離するクロマトグラフで、当社では、ガス吸着シートなどの評価や雰囲気中のガスの定性、定量に使用します。

X線回折分析装置(外部委託)

結晶構造をもった無機化合物(鉱物等)、有機化合物の同定に使用します。

紫外可視分光光度計

紫外及び可視領域の波長の光を用いて溶液の定量分析を行ったり、フィルムの透過スペクトルや一定波長における透過率の測定などに使用します。

紫外可視分光光度計

赤外分光光度計(FT-IR)

有機化合物や一部の無機化合物の同定に使用します。異物の同定、フィルムやコート剤、繊維、バインダーなどの同定ができます。

赤外分光光度計(FT-IR)

示差熱分析装置(外部委託)

調節された条件のもと加熱、冷却して、得られた基準物質との温度差やエネルギー差を測定することにより、有機化合物や無機化合物の熱安定性、融点、ガラス転移温度などの情報を知ることができます。

GC-Mass(外部委託)

ガスクロマトグラフィーと質量分析を組み合わせた分析法で、混合物の同定、定量ができます。紙からの発生ガスの同定、バインダーなどの紙用薬品の評価等に使用します。

当技術のお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ページのトップへ