仕上加工

阿波製紙では、ワインダー(ドラムワインダー、センター巻きワインダー、2軸ワインダー)、カッター断裁機(ギロチン)を使用して、仕上げ加工を行います。

ワインダー(リワインダー)

スリッター等から出てくる紙を幅、流れ両方の寸法を仕上げて巻取り、製品化する機械です。巻取り方式によっていくつかに分類されます。

ドラムワインダー(サーフェイスワインダー)

巻取りがドラムロールの上に乗っていて、ドラムロールの回転により巻取りが自転しながら巻き上がって行く型のものです。多く使われている型で、大型高速化が可能。ドラムロールが1つのものと2つのものがあります。

センター巻きワインダー

巻取りの軸を直接駆動し、巻き上げてゆく型です。柔らかく巻くことができます。

2軸ワインダー

センター巻きワインダーの一種で、巻取り軸が2つあり、細いスリットでも2つの軸に分けて、重なることなく巻き取ることができます。

断裁機(ギロチン)

定盤上にカッター工程終了後の平判紙を乗せて、上下に移動する刃によって切断する機械です。平判の切り口やコーナー角度、縦横寸法を正確に裁断する場合に用います。

カッター

連続した紙のシートを規定された縦横の寸法に切断して平判にして行く機械です。通常カッターといえばロータリーカッターのことを指し回転刃によって切断します。

当技術のお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ページのトップへ