熱圧着・接着剤加工

熱圧着加工

各種合成繊維の融点を利用した熱加工が可能です。温度域はポリエチレン、ポリプロピレン、ポリエステル、アラミドなどの融点に相当する130~300℃の不織布のヒートセットまたはラミネート加工が可能です。

ホットメルト加工

ペレット状ホットメルト樹脂を溶融器で溶かし基材に転写する方法です。フィルム状で転写する場合と繊維状で転写する場合があります。前者は各種機能素材の複合化に適しており後者は通気性を必要とするフィルター素材の貼合に適しています。

ホットメルト樹脂加工(ドライ方式)

ホットメルト接着剤を溶剤に溶かし、金属ロール上に塗布し溶媒を揮発除去後、基材に転写する方法です。再加熱により接着剤として作用します。

ホットメルト樹脂加工(セミドライ方式)

エマルジョン系の接着剤樹脂をナイフコーターまたはロールコーターで基材に塗布し、水分を乾燥除去する方法です。使用時に再加熱により接着剤としての機能を発現します。

当技術のお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ページのトップへ