原料調整

異種原料抄き合わせ

配合組成が異なるものを原料調節することができるためコンビネーション方式で二層に重ね合わせることができます。

複合材料配合

炭素繊維、黒鉛、活性炭、タルク、珪藻土、アラミド繊維、ガラス繊維等を添加することにより様々な機能を付加することができます。

当技術のお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ページのトップへ