原質試験

繊維の分散性、繊維長の測定、紙の強度などの原質試験を行い、抄紙適性の見極めを行います。

分散試験

主に繊維の分散性に問題がないかどうかを確認する試験です。

繊維長分析測定(カヤーニ)

繊維の長さを測定することにより、ばらつきを確認し、紙の強度など抄紙適性の見極めを行ないます。

繊維長分析測定(カヤーニ)

離解度試験

主にパルプを攪拌粉砕することで分散性を調査し、抄紙適性の見極めを行います。

叩解度試験(フリーネス)

原料の叩解度を測定し、原料の特性や抄紙適正の見極め、物性への影響を確認します。

当技術のお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ページのトップへ