評価技術

当社では、様々な評価技術を用いて、最終商品のニーズに応じた信頼できる製品を提供します。

お客様からのニーズに応じた紙の仕様を決定するために、研究室で紙の試料作成を行います。

試料作成

繊維の分散性、繊維長の測定、紙の強度などの原質試験を行い、抄紙適性の見極めを行います。

原質試験

原材料の同定や性能評価、また、環境負荷物質の調査など、様々なニーズに自社分析及び分析機関への依頼等により対応します。

分析

お客様のニーズに応じた特性を付与できているかどうかの確認を行います。

特性試験

シートの物性評価は湿度などの影響を受けるため、一定の雰囲気で評価できるよう恒温恒湿室で測定します。また、ある一定の条件下での試験が必要な場合、恒温恒湿槽を使用します。

環境評価

ページのトップへ