抄紙技術

抄紙技術

当社では、高密度抄紙、少ロット抄紙、密度勾配抄紙、粗密抄紙、長繊維抄紙、低濃度抄紙、粉体定着など様々な抄紙技術を用いて製品を生み出します。

これらの抄紙技術は、当社が創業より市場のニーズに応じて設備の新設改良を行い、設備を駆使する力から培われてきたものです。
当社の技術工程「原料調整」、「ワイヤーパート」「ドライヤーパート」を紹介いたします。

  • 高密度抄紙
    原材料を調整することにより高密度な紙ができます。
  • 小ロット抄紙
    原材料の仕込量500kg程度から量産対応ができます。
    (製品の仕様の条件により異なります)
  • 粗密抄紙
    同一紙面上で密度の低いものと高いものを交互に抄紙できます。
  • 長繊維抄紙
    合成繊維等の繊維長10mm前後の長いものまで抄紙できます。
  • 低濃度抄紙
    極めて低濃度な紙で抄紙することができるため分散性が良く、均一な地合の紙を製造することができます。
    そのため、合成繊維などの長繊維の原料を製造することができます。
  • 粉体定着
    主原料に粉体を定着させて抄紙できます。

原材料や薬品を調整する工程です。調整により紙の基本構成が決まります。

原料調整

紙料をワイヤー上にのせて最初に脱水する工程です。最初に紙としての形態が整えられます。

ワイヤーパート

ワイヤーパートなどで脱水されたシートを乾燥させる工程です。

ドライヤーパート

ページのトップへ