会社沿革

1916年2月 阿波製紙株式会社を設立
1943年5月 株式会社平和製紙所(徳島県)、三和製紙所(香川県)と合併、徳島合同製紙株式会社を設立
1948年3月 徳島合同製紙株式会社から阿波製紙株式会社に商号変更
1949年10月 三光工業株式会社(大阪府)を設立、阿波製紙株式会社内に徳島工場を設置、セルロイド原紙の生産販売を開始
1956年4月 和紙製造からの事業転換を図るため三光工業株式会社を吸収合併
1956年11月 関西地区の販売強化のため大阪営業所を設置
1961年4月 自動車エンジン用濾紙の販売を開始
1965年10月 関東地区の販売強化のため東京営業所を設置
1979年11月 樹脂含浸加工部門を分離独立し、日米加工株式会社を設立
1982年10月 リード工業株式会社(後にリード株式会社に改称)を設立、合成繊維紙などの開発に着手
1983年4月 分離膜支持体の販売を開始
1984年7月 クラッチ板用摩擦材の販売を開始
1987年1月 中部地区の販路拡大を図るため名古屋営業所を設置
1988年5月 研究開発活動強化のため徳島工場内に研究所を新設
1988年12月 James River Corporation(米国)と業務提携、バージニア州にてエンジン用濾紙の委託生産開始
1989年2月 東京営業所を東京支店に昇格
1989年11月 生産能力拡大のため阿南工場を新設、同工場にて建材用ガラス繊維紙の生産開始
1994年2月 アジア市場に向けて、タイ国にThai United Awa Paper Co.,Ltd.(現連結子会社)を設立
1995年7月 名古屋営業所を大阪営業所に統合
1996年1月 Thai United Awa Paper Co.,Ltd.が営業開始
1999年5月 ISO9001を国内全事業所が認証取得
2000年11月 Hankuk Carbon Co.,Ltd.(韓国)と技術支援契約を締結、ガラス繊維紙の委託生産開始
2002年4月 大阪営業所を本社営業部に統合
2003年4月 中国市場への進出のため、中国に阿波製紙(上海)有限公司(現連結子会社)を設立
2004年2月 河南舞陽申鑫特種紙業有限公司(中国・河南省)と技術許諾契約を締結、エンジン用濾紙の委託生産開始
2004年10月 東京濾紙株式会社の生産するエンジン用濾材に関する事業を譲受
2005年10月 ISO14001を国内全事業所が認証取得
2006年1月 阿波製紙(上海)有限公司が営業開始
2007年4月 日米加工株式会社及びリード株式会社を吸収合併
2009年11月 Finetex EnE,Inc.(韓国)とナノファイバーコート加工に関する契約を締結
2010年12月 廃水処理用MBR(Membrane Bio Reactor)用浸漬膜及びユニットM-fineの販売を開始
2012年10月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
2013年4月 河南舞陽申鑫特種紙業有限公司(中国・河南省)より事業を譲受した安徽鳳陽国豊生態科技材料有限公司(中国・安徽省)と技術許諾契約を締結
2013年5月 河北阿木森濾紙有限公司(中国・河北省)と生産委託契約を締結、エンジン用濾紙の委託生産開始
2014年9月 炭素複合材CARMIX(熱伝導用)の販売を開始
2014年12月 FSC森林認証(COC認証)を取得
2016年10月 東京証券取引所市場第一部に指定
2016年12月 阿波製紙(上海)有限公司の加工機の操業を停止
2017年2月 安徽鳳陽国豊生態科技材料有限公司(中国・安徽省)との合弁で、中国に滁州市国豊阿波濾材有限公司(持分法適用関連会社)を設立
連結子会社、阿波製紙(上海)有限公司の解散決定
2017年3月 フューチャーベンチャーキャピタル株式会社と共同で、イノベーション創出投資事業有限責任組合(コーポレートベンチャーキャピタル)を設立
2018年10月 滁州市国豊阿波濾材有限公司が営業開始
2019年5月 阿波製紙(上海)有限公司から滁州市国豊阿波濾材有限公司へエンジン用濾材の営業業務を移管
2020年3月 阿波製紙(上海)有限公司から阿波濾材(上海)有限公司に商号変更

ページのトップへ