オープンに連携して

2014年11月28日

  ■ AWA PAPER NEWS ■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 ┃                                                                
 ┃       機能紙・不織布の共同開発メーカー 阿波製紙株式会社        
 ┃                    vol.119 【 2014/ 11 / 28 】        
 ┃                                        
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  https://www.awapaper.co.jp/ 

 
    ≪目次≫ 
       
  01:[ ご 挨 拶] 今月の社長メッセージ
  02:[二 ュ ー ス] 第二回阿波製紙グループ見える化発表会開催
  03:[二 ュ ー ス] 平成26年度稲荷神社祭ならびに創立98周年記念式典開催
  04:[シ リ ー ズ] 若き日の回想 (第6回:ある先輩の教え)
     
                     
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ■  ご 挨 拶 ■
┃――――――――――――――――――――――――――――――――――
┃ オープンに連携して
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                 取締役社長 三木康弘


 先般徳島の秘境と云われる祖谷渓に行って来ました。そこはまさに山燃える、
色とりどりの樹々が連携して広がる絶景を眺める事が出来ました。一方所どこ
ろに見られる緑一色の杉の山々には何かつまらない感じがしてしまい、かつて
あった自然の姿が偲ばれる一時でした。

 現実の社会に目を戻すと、解散総選挙と慌ただしい師走を迎えようとしてい
ます。争点らしい争点は見えないものの、景況感の格差が検証され、ある一定
の国民の判断が示されるものと思います。
  また有りのままの日本は世界からどう見られているのでしょうか?OECDによ
る日本の経済成長率は、2014年は0.4%、2015年は0.8%と緩慢な成長が見通さ
れています。人口減少下の成長ですから、国民一人当たりは確実に豊かになる
はずだろうと愚考しているのですが、実感はまだ程遠い様です。金融や財政出
動頼りでなく、約350万社ある中小企業の独自色を遺憾なく発揮できれば、日本
の商品・技術・サービスとりどりの魅力で美しい景色が必ずや見せられるもの
と信じています。

 当社におきましても、コア技術や製品をしっかり守り育てると同時に多彩な
強みを持たれる企業様とオープンに連携して、大きな夢を共有し広く世の中に
貢献できる様な商品を産み育てていければと願っております。 その為には、
古聖の言にあるように「己立たんと欲して人を立て、己達せんと欲して人を達
す」の精神で商品開発し多彩な事業に展開して参りたいと念じております。



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ■ 今月のトピックス ■
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 │■ トピックス 1 第二回阿波製紙グループ見える化発表会開催
 ├―――――――――――――――――――――――――――――――――
 │平成26年11月27日(木)
 │当社は、11月21日、第二回阿波製紙グループ見える化発表会を本社にて
 │開催いたしました。
 │→ https://www.awapaper.co.jp/news/news_20141127_news292.html
 └―――――――――――――――――――――――――――――――――

 │■ トピックス 2 平成26年度稲荷神社祭ならびに創立98周年記念式典開催
 ├―――――――――――――――――――――――――――――――――
 │平成26年11月11日(火)
 │当社は、11月10日、恒例行事である稲荷神社祭ならびに創立98周年記念式典
 │を本社・徳島工場にて開催いたしました。
 │→ https://www.awapaper.co.jp/news/news_20141111_291.html
 └―――――――――――――――――――――――――――――――――


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ■ シリーズ ~若き日の回想~ ■
┃――――――――――――――――――――――――――――――――――
┃ 第6回 -  ある先輩の教え
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               研究開発部 シニアエンジニア 高原 豊


 あのころは、ガラスペーパーの開発に着手しておりました。繊維長が12mm
から25mmと、とても長い繊維を使ったガラスペーパーがようやく本機で出来
るようになっていました。寸法安定性の優れたガラスペーパーは建材用として
現在でも沢山の用途があります。例えば、床面に使用するクッションフロアー
中芯材やタイルカーペット芯材そして天井面に使用するルーフイング材があり
ます。床、天井、壁と揃えば建物の全ての面が揃う訳で、残りの壁面に使用す
る発泡断熱ボード用の面材としての開発を進めることになりました。当時、複
合シート(水酸化アルミニウム紙)では既に実績があったのですが、競合他社
の動きやユーザーの要望(製品の寸法安定性や強度、不燃性等の向上)からガ
ラスペーパーへ移行していく流れにありました。水酸化アルミ紙の時は案外す
んなりと上市されたので、隠れていた必要性能がみえてなかったのです。ガラ
スペーパーで仕立て上げたとき初めて浮上した問題とは、養生時のコンクリー
トや石膏ボンドとの接着性が悪いということでした。

 「お客さんとこへ聞きにいこ!!! 」と気さくに云ってくれたのは、当時の営
業担当の先輩でした。ユーザー技術担当者との打合せで、評価の方法や断熱ボ
ードの施工方法、簡単な製造方法等色々なことが分かりました。そして自分自
身も専門的な知識が不足していたのだと気づいたのです。それからは、セメン
トの組成や性質、石膏ボンド材料の組成等の知識を掘り下げて勉強するように
なり、なんとか方向が掴めたおかげで接着問題を克服し上市に結び付けること
ができました。もしユーザー技術者と打合せする機会がなければ、こうはうま
くいかなかったと思います。営業所の所長でもあった先輩はそのほかの開発案
件でも同じように機会を作ってくれたことを思い出しました。「自分の想像や
思い込みでお客さんのメッセージを伝えたらあかんのや!! 訳がわからんやろ!! 
解決の糸口は技術者同士の対話から始まるんや…」とビールを底まで飲みなが
ら話してくれました。そんなことがあってからというもの、対象の開発案件に
繋がる分野の技術は特に興味をもつようになりました。紙の専門知識に捉われ
ず応用される分野に視野を広げて勉強しないと…そう先輩が教えてくれたのだ
と想います。

 その後10数年を経て当社のガラスペーパーは製造を中止し、技術支援を行
うことにより韓国のメーカーに受け継がれていきます。そしてこれからは、ガ
ラスペーパーを製造するときの技術やノウハウが、次世代の無機繊維部材や合
成繊維部材等に繋がっていけたらいいなと想っています。

 次回は、さらに10年ほど経過した時の出来事について回想していきたいと
思います。

(当社製品)
 ⇒ https://www.awapaper.co.jp/products.html



  最後までお読みいただきまして誠にありがとうございました。
  ご質問、ご感想などを下記にお寄せいただけましたら幸いです。


  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ 発 行:阿波製紙株式会社 https://www.awapaper.co.jp/
  ■ 連絡先:770-0005 徳島市南矢三町3丁目10-18
        Tel:088-631-8229 Fax:088-632-0079
  ■ E-mail: tech@awapaper.co.jp
              ( IRに関するお問い合わせ ir-info@awapaper.co.jp )
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   Copyright 2014 Awa Paper Mfg. Co.,Ltd. All Rights Reserved.

メールマガジンバックナンバー

ページのトップへ