縁ありて花ひらき、恩ありて実を結ぶ

2016年9月30日

  ■ AWA PAPER NEWS ■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 ┃                                                                
 ┃       機能紙・不織布の共同開発メーカー 阿波製紙株式会社        
 ┃                    vol.141 【 2016/ 9 / 30 】        
 ┃                                        
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  https://www.awapaper.co.jp/ 


    ≪目次≫ 
       
  01:[ ご 挨 拶] 今月の社長メッセージ
  02:[二 ュ ー ス] 「徳島ビジネスチャレンジメッセ2016」に出展
  03:[二 ュ ー ス] 「徳島県ものづくり新技術展示商談会 in デンソー」に出展
  04:[二 ュ ー ス] 東京証券取引所市場第一部指定承認に関するお知らせ
  05:[シ リ ー ズ] 若き日の回想 (第28回:発見への想い)
     
                     
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ■  ご 挨 拶 ■
┃――――――――――――――――――――――――――――――――――
┃ 縁ありて花ひらき、恩ありて実を結ぶ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                 取締役社長 三木康弘


 朝夕しのぎやすい気候となってきました。如何お過ごしでしょうか。

 今年は台風もイレギュラーな動きをし、各地で水害を引き起こしています。
古来より日本人は自然を畏れ、その中から恵みを得、知恵を身につけると同時
に、謙虚さと助け合う精神を育んできました。「縁ありて花ひらき、恩ありて
実を結ぶ」という言葉がありますが、すべてその繰り返しで発展してきたのだ
ろうと想像します。

 ところで米国社会を見てみますと、民主党候補のクリントン氏と共和党候補
のトランプ氏が次期米大統領の座をかけて壮絶な闘いを繰り広げています。い
ずれも不人気候補と言われていますが、米国民の外からは見えにくい矛盾や歪
が現れているのでしょう。今また自利を求める保護主義的な方向に、ゆっくり
と大きく変化している様に危惧します。
 また先般タイと中国を訪問してきましたが、温暖な国では温和な人が多く伝
統的儀式等を重んじて変化をあまり感じさせません。一方弱肉強食的歴史を持
つ国は自己保身と強烈な闘争心が育まれるのか、挑戦を躊躇わない攻めの勢い
を強く感じました。それぞれに長短は存在しますが、異なる風土には異なる価
値観が育つことを実感します。

 日本で育った人も企業も、その極東という立地と火山列島という風土の影響
は強く受けて成長発展してきました。世界の情勢に政治も経済も金融も強く影
響を受けますが、すべてを受け入れ、耐え忍びつつ対応していく能力は磨かれ
ているのではと思います。おかげさまで阿波製紙はこれまで多くの困難に遭遇
いたしましたが、そのたびに成長を図ってこられたように思います。遠くをは
かって種を蒔き、先を憂い過ぎず、常に全力投球してステップを一つ一つ登っ
て参りました。

(東京証券取引所市場第一部指定承認に関するお知らせ)
 → https://www.awapaper.co.jp/news/news_20160930_340.html

 本日、東京証券取引所の承認を受け、平成28年10月7日をもちまして、
第二部より第一部に指定されることになりました。さらにグローバルに成長し
ていく土台ができます。常にご縁に感謝し、ご恩を忘れず、異なる様々な風土
の中で、柔軟な多様性を強みとして新たな実を結んで参りたいと存じます。
今後とも引き続きのご支援を賜りますようお願い申し上げます。




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ■ 今月のトピックス ■
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 │■ トピックス 1 「徳島ビジネスチャレンジメッセ2016」に出展
 ├―――――――――――――――――――――――――――――――――
 │平成28年9月15日(木)
 │当社は、10月27日(木)~29日(土)の3日間「アスティとくしま」におい
 │て開催されます『徳島ビジネスチャレンジメッセ2016』に出展いたします。
 │是非、ご来場ください。
 │→ https://www.awapaper.co.jp/news/news_20160915_337.html
 └―――――――――――――――――――――――――――――――――

 │■ トピックス 2 
 │   「徳島県ものづくり新技術展示商談会 in デンソー」に出展
 ├―――――――――――――――――――――――――――――――――
 │平成28年9月21日(水)
 │当社は、9月7日・8日に、デンソー本社で開催されました「徳島県ものづ
 │くり新技術展示商談会 in デンソー」に出展いたしました。
 │→ https://www.awapaper.co.jp/news/news_20160921_338.html
 └―――――――――――――――――――――――――――――――――

 │■ トピックス 3 東京証券取引所市場第一部指定承認に関するお知らせ
 ├―――――――――――――――――――――――――――――――――
 │平成28年9月30日(金)
 │当社は、2016年9月30日に株式会社東京証券取引所の承認を受け、2016年
 │10月7日をもちまして、東京証券取引所市場第二部から同市場第一部銘柄
 │に指定されることとなりましたのでお知らせいたします。
 │→ https://www.awapaper.co.jp/news/news_20160930_340.html
 └―――――――――――――――――――――――――――――――――



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ■ シリーズ ~若き日の回想~ ■
┃――――――――――――――――――――――――――――――――――
┃ 第28回 - 発見への想い
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                 研究開発部 高原 豊


 あれは幼少の…小学校上がりたての分校通いの頃でした。若い担任の先生が
いつもの様に教室に入ってくると、“今日は野外へ勉強しにいきましょう。み
んな、外に出て!!”という声に“ワーイ”とみんな嬉しそうにはしゃいで出て
行きました。これまでの野外授業というと絵を書く図工の時間だけ…何の授業
だったのか?? とにかく図工以外の授業で野外へ出るのは初めてで、少しは期
待していたのです。何処へ行くのかと思いきや、着いた所はなんと近くの河原
でした。そして“色んな石を探してきなさい”というのが先生からのミッショ
ンでした。女子は美しく輝く石や色の綺麗な石を探していたようですが、僕ら
男子の場合、平たい石を見つけては川に投げ込み水面に弾む数を競うなど、本
来のミッションから外れた遊びに夢中になり先生から怒られるというハプニン
グもありました。そうこうしている内に、変わった形の石はないものかと手に
取って見つめるようになり、ついに変な石を発見したのです。貝殻の形をその
まんま石に押し付けたような、“こんなん見たことないし”友達に聞いても分
らないので、先生に見て貰うことにしました。先生は一瞬驚き“珍しいなぁ!!
 これは「化石」いうて、大昔に貝が入った状態で物凄い圧力が掛かり石になっ
たものや”と教えてくれました。その後、化石が見つかり易いのは砂岩や石灰
岩であることや川の上流には化石の地層があることを知り、益々化石への好奇
心は高まるばかりでした。ただ何度想い出そうとしても、あの時の野外授業は
いったい何の時間だったのか分からず仕舞いで… 少しスッキリしない気分でし
た。

 化石を発見してからというものは、何回も勝浦川の河原に足を運び、仕舞に
化石の量は段ボール箱いっぱいになってしまいました。価値の分からない母親
からは、“こんな重たい石ころ、どないぞして”とうっとうしがられながらも
耐えていましたが、やがて興味の対象が変わっていったことから、その段ボー
ル箱も物置の隅に忘れさってしまいました。あれから半世紀余りが経ち、なん
と同じ勝浦川で恐竜の歯が見つかるとは!…しかも2回目!!…特に今回は国内
最古級クラスの1億3000万年前の恐竜チタノサウルス類と推定されていま
す。いったい徳島って1億3000万年前は何処にあったのだろう??…地元で
もあり強い好奇心が湧いてきて、調べてみることにしました。南へ約数百キロ
…中国南部の海岸部(現在の福建省あたり)からプレートに乗ってやってきた
と考えられています。中央構造線に沿って真二つに切った縦長の南半分…九州
南半分、徳島、高知、愛媛、和歌山、愛知、三重、長野等は中国南の海岸部に
位置していたそうです。1億3000万年前になると日本列島の南半分は、そ
の頃発生したイザナギプレートによって北東に移動し始め、7000万年前に
は遂に朝鮮半島以北に位置していた北半分と合体し日本列島の原型が出来上が
りました。その後イザナギプレートは大陸の中に沈み込んで姿を消してしまっ
たそうです。日本列島を創るために生まれてきたようなイザナギプレート…そ
の名付けに相応しいパフォーマンスは、“まさに神話にみるイザナギ、イザナ
ミの尊の国造り伝説その物”そう想えてしかたがないのです。

 米国雑誌のプロス・バイオロジーに掲載されたレポートによれば、新しい分
析技術を基にして計算した結果、まだ発見されていない未知の生物が全体の9
割も存在すると予測しているのです。詰まるところ、残りの1割が既に発見さ
れた生物種ということになります。現在未知の生物種がこれ程まで多い見積も
りとなると中生代白亜紀の生物に至っては、かなり新種発見の可能性が高いの
ではないかと想うのです。しかも中央構造線より北部は既に沢山の恐竜化石が
発見されているのに南部はまだ殆ど発見されていないので、もし発見された場
合は古生物学的価値が高いと考えられています。夏休み!! 県の博物館は恐竜
展が始まり子供達でいっぱい、駐車場にも入れず渋滞状態で、ようやく入れた
館内は化石や恐竜の骨格等貴重な標本が沢山ならんでいて、実に苦心した甲斐
がありました。子供達を見ると行きも帰りも目が輝いていて、好奇心の塊…い
つかきっとあの子供達の中から、新種恐竜の化石を発見し地元に因んだ名称
(例…勝浦竜)を唱える有名な古生物学者が誕生している…そう想ってやみま
せん。

 恐竜の歯の化石を発見したというニュースを読んで、幼少の頃に化石と出会
ったエピソードや化石から離れていた半世紀の空白に想い巡らすありさまをご
紹介してきましたが、次回は自然の不思議についてご紹介していきたいと想い
ますので宜しくお願いします。



  最後までお読みいただきまして誠にありがとうございました。
  ご質問、ご感想などを下記にお寄せいただけましたら幸いです。


  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ 発 行:阿波製紙株式会社 https://www.awapaper.co.jp/
  ■ 連絡先:770-0005 徳島市南矢三町3丁目10-18
        Tel:088-631-8229 Fax:088-632-0079
  ■ E-mail: tech@awapaper.co.jp
              ( IRに関するお問い合わせ ir-info@awapaper.co.jp )
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   Copyright 2016 Awa Paper Mfg. Co.,Ltd. All Rights Reserved.

ページのトップへ