爽風に乗る

2017年5月30日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 ■ AWA PAPER NEWS ■ 
                                                               
    機能紙・不織布の共同開発メーカー 阿波製紙株式会社        
   vol.149 【 2017/ 5 / 30 】        
                                       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  https://www.awapaper.co.jp/ 

 ≪目次≫ 
       
 01:[ ご 挨 拶] 今月の社長メッセージ
 02:[シ リ ー ズ] 若き日の回想 (第36回:真逆な想い)

                     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■  ご 挨 拶 ■
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
 爽風に乗る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                      取締役社長 三木康弘


 爽やかな五月晴れが続き、徳島の日中は真夏の暑さとなってまいりました。
夜は源氏蛍が舞い風情を感じる季節です。一方世界は、今月26日から
イタリア・シチリア島でG7タオルミナ・サミットが開催されました。
議長国イタリアのジェンティローニ首相、米国トランプ大統領、英国メイ首相、
仏国マクロン大統領と4人の新顔を含めた首脳が揃い、深刻なテロ対策や
自由貿易そして温暖化対策等が話し合われました。
爽やかな会談とはいかなかったようですが、保護主義に向かおうとする米国に
一応の歯止めがかけられ、一定の結束が見られた事は良かったと思います。

 しかしながら日本の隣国はミサイル実験をまたも繰り返し、国際政治は
世論に振り回された選挙に一喜一憂し、かろうじて経済は堅調さを
維持しているようですが、継続的な緊張を感じます。

 その様な中で日本は、秋篠宮家のご慶事が報じられ爽風が吹き込んできました。
お二人の颯爽とした姿から新たな未来を感じます。このような僥倖にあやかるべく、
得手に帆を揚げて当社も前進していきたいと思います。
海図は中期ビジョンを掲げた新中期経営計画です。

(中期経営計画策定に関するお知らせ)
→ http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1475850 

 中村天風氏は、「新しき計画の成就は只不屈不撓の一心にあり。
さらばひたむきに 只想え。気高く強く、一筋に」という名言を残しています。
当社はこの句を会議室に大きく張り出し掲げています。一人では出来ませんが、
多様な意見を持つマネジメントチームが結束して計画の成就を想い、断固行動し、
未来に向け颯爽とした社風を築いていきたいと思います。
来月は株主総会の開催を予定していますが、外向的な緊張感をエネルギーに変え、
社員の幸せを願い、お客様の期待を超える感動づくりに取り組んでまいります。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ シリーズ ~若き日の回想~ ■
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
 第36回 - 真逆な想い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      研究開発部 高原 豊


 先月号に続いて40年近く前のことです。
ようやく天然ゴム入りのパッキン紙が立ち上がり本機で生産し始めましたが、
どうしても樹脂分が天然ということからか生産適性が不安定でした。
生産適性の中の濾水時間が不安定で…濾水時間というのは、水の中で分散した
繊維等の原料を網でこし始めてから水が切れるまでの時間をいいます。
濾水時間が長くなると水が切れなくなり、極端な場合は、網の上は丁度
半熟オムレツのトロトロ生地のように強度が弱くなり生産工程が
繋がらなくなります。このような不安定な状態をどうにかする必要があり、
なんとか解決策はないものかと悩んでいたのです。

 ちょうどその頃、別件で強度試験をするために内添樹脂の手抄検討を
していましたが、ある樹脂を添加した紙だけ強度が極端に低いのです。
強度向上が目的だったので、この樹脂は候補から外そうと想いました。
でも“弱いというのも一つの特徴ではないのか!!”と想い直し、検討データを
見直してみると濾水時間が一番早いことが分かりました。
そういえば、原料の中に樹脂を入れたときの凝集が大きかったような気が…
試験するとき、ちゃんと観察しなかったので目に残像がチラつく程度で
はっきりとした記憶は残っておらず、次からはもっと隅々まで観察して
記録しようと反省したのです。もう一度確認するために試験を始め、
まず原料の中にこの樹脂を一滴だけ入れてみましたが、こんな少量でも
水は澄切り綺麗に凝集していたのです。“まるで凝集剤みたいな樹脂やなぁ”
と想い、悩んでいたパッキン紙の処方に使ってみたところ少量で
濾水改善ができることが分かりました。製造現場の責任者と担当者の方に
ラボ試験の状態を見て貰って相談すると、
“点滴がええなぁ!! 試験するけん、ふた缶用意しとけ!!”
と嬉しい返事が返ってきました。

 実機での試験は上手くいき、凝集剤として使用する初めての樹脂に
なりました。しばらくして他の銘柄にも使われるようになり、
生産適性の向上には便利な樹脂だったようです。
最初は強度が弱すぎて捨てようとしていた樹脂なのですが、
逆に重宝するようになりました。そしてふと高校時代、担任だった先生が
良く言っていた言葉を想い出しました。
“りんごの気持ちもわからんではないが、逆もまた真なりじゃ!!”と
数学の授業で耳にタコができるくらい聞かされました。
「逆もまた真なり」この言葉は、数学の証明からきた言葉だそうですが
現実の世界でも当てはまる話で…昔から伝わる諺のように想えてなりません。

 ある変わった樹脂の想い出を御紹介してきましたが、最後の方にでてくる
“「りんごの気持ち」って何だろう??”と疑問に思われる方も
多いのではないでしょうか?終戦直後に歌手の並木路子さんが歌って
大ヒットした「りんごの唄」の歌詞に「りんごの気持ち」が出てきます。
「りんごの気持ち」とは終戦直後の可憐な少女の想いを
表現したものだそうですが、担任の先生の場合はそれをもじって
イタイケな我々生徒のことを「りんご」と比喩していたのです。

 次回は、セピオライトと呼ばれる無機材料のエピソードを
ご紹介していきたいと想いますので、宜しくお願いします。



最後までお読みいただきまして誠にありがとうございました。
ご質問、ご感想などを下記にお寄せいただけましたら幸いです。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 発 行:阿波製紙株式会社 https://www.awapaper.co.jp/
 ■ 連絡先:770-0005 徳島市南矢三町3丁目10-18
       Tel:088-631-8100 Fax:088-631-8325
 ■ E-mail: info@awapaper.co.jp
              ( IRに関するお問い合わせ ir-info@awapaper.co.jp )
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Copyright 2017 Awa Paper Mfg. Co.,Ltd. All Rights Reserved.




メールマガジンバックナンバー

ページのトップへ