平成を惜しむ

2018年12月26日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 ■ AWA PAPER NEWS ■ 
                                                               
    機能紙・不織布の共同開発メーカー 阿波製紙株式会社        
   vol.168 【 2018/ 12 / 26 】        
                                       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  https://www.awapaper.co.jp/ 

 ≪目次≫ 
       
 01:[ ご 挨 拶] 今月の社長メッセージ
 02:[レ ポ ー ト] 第7回高機能プラスチック展
 03:[二 ュ ー ス] 第7回高機能プラスチック展に出展
 04:[二 ュ ー ス] 日本赤十字社社長感謝状を贈呈される
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■  ご 挨 拶 ■
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
 平成を惜しむ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                      取締役社長 三木康弘


 平成30年もあと僅かとなって参りました。今年も色々と嬉しい事も有りましたし、
辛い事や災難も有りました。しかし現実を生きるとは、様々な経験を活かして
より良い次の時代をつくり続ける事かと思っています。
 去る23日今上天皇として、最後の誕生日に寄せてのお言葉ありましたが、
胸に迫る思いが伝わって参りました。戦争の無い稀有な世の中は、
強い平和を希求する思いが国民の総意として貫かれてこそ実現される事で有り、
象徴と一体になり創り上げられたことは、誇るべき事と有り難さを
噛み締めています。
 
 世界は武力のみならず通商やサイバー空間で熾烈な戦いが止む事なく
繰り広げられ、日本も独り蚊帳の外で居られる状況では無くなっています。
その影響は、世界株価急落という形にも現れて来ました。
事業を展開していても、競争や駆け引きを迫られる事が多々在りますが、
行き過ぎた市場主義経済による自由競争は、不公正や強欲による悲劇を
生み出してしまう事は歴史が証明済みです。
社会主義計画経済も既に破綻が明確化し、かつて保護主義の結末には
悲惨な戦争も経験しました。今はまさに新たな秩序を求めて、
生みの苦しみを世界が感じながら模索している時ではないでしょうか。
 
 この様な状況下に日本は、世界の範となるために、先ず家庭を斉えなければ
ならないと思います。和を以て貴しと為すを初の憲法に謳った精神文化を思い出し、
異なる文化や価値観と共に生きる力を育む事で、家庭やそして社会を健全に
築いていけると考えます。
  また日本企業は約350万社存在していますが、倒産件数は年間1万件を割り込み
減少している一方、休廃業・解散は後継不足や人材不足等から年間約3万社と
激増しています。何が真の原因なのでしょうか。
平成がスタートする頃は、まさにバブル絶頂期で永遠の拡大を信じていました。
あの元気で共に肩を組み合っていた日本社会には、何が存在していたのでしょうか。
 
 当社は以前より規模ではなく内容で一番になる事を目指してきました。
その評価者はお客様であり、すべてのお客様に対してメインサプライヤーで
あるかどうかが一つの指標です。質を高めれば、自ずと市場シェアが高まり
量も増加すると考えています。その為には社員の意識が一番でなければなりませんし、
一致団結していなければ力は発揮されません。日本も人口減少が
避けられない現実の中で、如何に質を高めていくかが勝負です。
地方の企業が新しく質の高い経営を成す事は、日本が世界のモデルとなる事であり、
国の形も刷新されていく事になるのでしょう。
その為には日本国民及び日本に来てくれる外国人も一番でなければなりません。
天皇陛下のお言葉の中にもありましたが、暖かく日本隅々で海外の方を受け入れ
共に励み、ダイバーシティにより質を高め、繁栄していく理想が
見えてきた様に思えます。そして、一番を目指すという気概を持つことが出来れば、
必ず日本は再興出来ると信じます。
 
 平成を惜しみながら迎える新しい時代を、世界が羨望する様な社会に、
新しい象徴と共に創っていければ幸せに思います。来る問題を喜んで
受け止め乗り越えて、各々世界で一番を目指したいと思います。
今年一年、皆様には本当にお世話になり有難うございました。
 どうぞ素晴らしい新年をお迎えください。
 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 展示会レポート ■
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
 「第7回高機能プラスチック展」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             機能材事業部 機能材営業二課チーフ 石井 岳 


 当社は、12月5日から7日に幕張メッセで開催されました「第7回高機能
プラスチック展」に出展いたしました。本年度より、会場がビックサイトから
幕張メッセに変更になった為、客足が遠のくのではないか少々不安でしたが、
59,000人を超える盛況な展示会となりました。
今回は、CARMIX 炭素複合材の 「CFRTP」、「熱拡散シート」と「電磁波吸収体」
を出展し、さらに「CFRTP」と「熱拡散シート」は、実際の出荷形態となる
巻取品も展示いたしました。
 お客様に商品の出荷形態をご覧いただけたことで、生産体制が整っていることを
実感していただけたことと思います。


 「CFRTP」は、自動車部材への展開を前提とした、ブレーキペダルなどの
応用例に注目が集まりました。また、炭素繊維のリサイクル活用についても
たくさんのお問い合わせをいただきました。
 当社では、自動車や電子部品等の熱対策として「熱拡散シート」を
提案しています。すでに実用化に入っております出荷品を展示しましたところ、
展示サンプルを切り分けて欲しいというお客様が多数いらっしゃいましたため、
その場でお渡しするほどの盛況でした。
「電磁波吸収体」は、第五世代の高度情報化社会に対応する20GHz以上の
高周波電波対策として、かなり実用的な質問が多く、課題が
具体化してきていることが伝わってきました。

「CARMIX CFRTP・CARMIX熱拡散シート」
 → https://www.awapaper.co.jp/news/news_20160125_319.html 


 展示会の3日間を通し、しばしば説明員がフル稼働で対応するほどの
お立ち寄りをいただき、十分なご対応ができない場面もありましたことを
この場をお借りいたしましてお詫び申し上げます。なお、開催期間中に
当社ブースにお越しいただきましたお客様は500名を上りました。
誠に有難う御座いました。
 引き続きご要望にお応えできるような新商品を開発してまいります。
 今後ともお引き立てくださいますようよろしくお願いいたします。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 今月のトピックス ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■ トピックス 1  
    第7回高機能プラスチック展に出展
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
 2018年12月11日(火)
 当社は、12月5日~ 7日に幕張メッセにおいて開催されました
「第7回高機能プラスチック展」に出展いたしました。
  → https://www.awapaper.co.jp/news/news_20181211_386.html
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――

 ■ トピックス 2  
   日本赤十字社社長感謝状を贈呈される
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
 2018年12月1日(土)
 当社は、11月29 日、徳島県庁で開催されました「日本赤十字社表彰式」
 において、「日本赤十字社社長感謝状」を日本赤十字社徳島県支部長の
 飯泉徳島県知事より贈呈されました。
  → https://www.awapaper.co.jp/news/news_20181201_390.html
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――

 最後までお読みいただきまして誠にありがとうございました。
 ご質問、ご感想などを下記にお寄せいただけましたら幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 発 行:阿波製紙株式会社 https://www.awapaper.co.jp/
 ■ 連絡先:770-0005 徳島市南矢三町3丁目10-18
       Tel:088-631-8100 Fax:088-631-8325
 ■ E-mail: info@awapaper.co.jp
              ( IRに関するお問い合わせ ir-info@awapaper.co.jp )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Copyright 2018 AWA PAPER & TECHNOLOGICAL COMPANY, Inc. All Rights Reserved.

メールマガジンバックナンバー

ページのトップへ