令和の御代に臨んで

2019年4月25日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 ■ AWA PAPER NEWS ■ 
                                                               
    機能紙・不織布の共同開発メーカー 阿波製紙株式会社        
   vol.172 【 2019/ 4 / 25 】        
                                       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  https://www.awapaper.co.jp/ 

 ≪目次≫ 
       
 01:[ ご 挨 拶] 今月の社長メッセージ
 02:[二 ュ ー ス]  平成31年度還暦式 開催
 03:[二 ュ ー ス] 「とくしま上板熱中小学校」にて講義 
 04:[ コ ラ ム] 新年度を迎えて


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■  ご 挨 拶 ■
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
 令和の御代に臨んで
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                      取締役社長 三木康弘


 春爛漫の季節、徳島では八重桜が満開を迎え、目には新緑の若葉が、
耳にはホトトギスの鳴き声が降り注いで来るようになりました。
そんなのどかな田舎にある「とくしま上板熱中小学校」に先日招かれて、
授業でお話をしてきました。

 「7歳の目で世界を見よう!」というキャッチフレーズの元、
アクティブなシニア世代の方を中心に大学生も混じった多彩な顔ぶれの方々が
メンバーで大勢集まっていました。熱中小学校は少子化が進む田舎町に
開校されているのが特徴で、地方創生のミッションである
「ひとをつくることで地方を創生する」を目的とされています。
そんな場所で和紙から機能紙へと紡いできた100年の歴史と紙の可能性を
お話しさせて頂きましたが、脱プラスティックやリサイクルの話、
更に地域の木材資源の活用などの提案を頂くなど、私の方が刺激を
頂いた体験となりました。

 (「とくしま上板熱中小学校」にて講義) 
  ⇒ https://www.awapaper.co.jp/news/news_20190424_404.html

 愈々「平成」が幕を閉じ、新たな「令和」の御代が始まろうとしています。
人の豊かさと便利さを追求し続けてきた時代から真に麗しく和やかな世界を
展望していく時代へと、伝統と革新が融合した世の移り変わりのように、
私たちのミッションも進化させていかなければならないとの思いが、
心に迫って来ています。昭和平成の時代に培った経験を如何に花開かせていくか、
そのヒントは地方に潜在していたり、新たな新芽が宿らせていたり
しているかもしれません。地方に於いて、最先端の素材や技術を活かし、
自然環境を蘇らせるような商品作りが出来ればいいなあと思います。

 阿波製紙が今後も存在し発展していく為には、時代に即したテーマの探求が
欠かせません。紙漉きのポテンシャルと素材の多様性には尽きる事のない
可能性が秘められています。長期ビジョンを見据えて、多様な方々からヒントを
頂けるように、目を大きく開き耳を澄まし、そして新たな社会に応じる商品を
発現する年にしていきたいと思います。それでこそ、お客様の期待を超える
感動を作り出す、ソリューションパートナーに成り得ると思っています。

 平成最後のご挨拶となりますが、今後ともご交誼ご支援よろしく
お願い申し上げます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 今月のトピックス ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■ トピックス 1  
   平成31年度還暦式 開催
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
 2019年4月25日(木)
 当社は、4月25日に本社にて、平成31年度還暦式を開催いたしました。
  → https://www.awapaper.co.jp/news/news_20190425_403.html
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――

 ■ トピックス 2  
   「とくしま上板熱中小学校」にて講義
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
 2019年4月24日(水)
 当社は4月20日に、「上板町技の館」(徳島県上板町)で行われました
「とくしま上板熱中小学校」の授業におきまして、取締役社長の三木康弘が
 講師となり講義を行いました。
  → https://www.awapaper.co.jp/news/news_20190424_404.html
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ コ ラ ム ■
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
 新年度を迎えて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                         取締役専務執行役員 長尾 浩志 

 
 徳島では桜がやっと咲き始める中で新年度を迎えて、今年も恒例の
決算棚卸を4月1日6時50分より各事業所、工場や委託先の倉庫にて
実施いたしました。例年との違いはお昼前には新元号の発表が行われ、
「平成31年」は4月30日で終わるため平成最後の棚卸となり、
5月1日からは「令和元年」となる新年度を迎えたことです。

 先日、アメリカからのお客様にご来社いただき打合せをする機会があり、
昼食時の懇談の中で新元号の話題となり、「令和」の意味について
質問がありました。この方は日本に留学中に現在の会社に採用され、
日本語は当然のこと日本人よりも「日本の和」のことをよく御存知な方なので
漢字から意味を考えると「和」については「和む」などイメージが
理解できるが、「令」については「冷たい」という字に似ているが
イメージできないとのことでした。そこで、直ぐにスマホで検索したところ
「外務省は、平成に変わる新元号「令和」について外国政府に英語で
説明する際に、「Beautiful Harmony=美しい調和」という趣旨だと
伝えるよう在外公館に指示した。今月1日の新元号発表後、「令」を
「order=命令、秩序など」と訳す外国メディアがあったのを受けた処置で、
外国メディアにも個別に説明している。」との記事を見つけて説明すると
非常にわかりやすい説明だと感謝してくれました。私自身も簡潔な
良い説明だなと感心しました。

 私にとって2回目の改元を経験します。平成元年は、建設準備・工事・
立ち上げとかかわった弊社阿南工場(現 阿南事業所)が完成し
操業した節目となる年でした。あれから30年いろいろな課題に
取り組むことでたくさんの人と出会い、いろいろな勉強をさせていただきました。

 私が経験してきたように、社員が新たな出会いやさまざまな経験を経て、
大きく成長してくれるように支援していくことが私の大きな使命の
ひとつだと思っています。
 私たちは「独自の製品・技術・サービスで世界一の会社を目指すこと」を
目標としています。特にものづくりにはこだわりをもって、他社にはない
商品を世の中に提供していきたい、私は、そのためには自ら行動する先駆者、
開拓者でありたいと思います。
社員にもこの目標を自分のものとしてほしいと思います。

「令和元年」も節目の年となるように新たなことにチャレンジする年と
していきますのでご支援よろしくお願いいたします。




 最後までお読みいただきまして誠にありがとうございました。
 ご質問、ご感想などを下記にお寄せいただけましたら幸いです。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 発 行:阿波製紙株式会社 https://www.awapaper.co.jp/
 ■ 連絡先:770-0005 徳島市南矢三町3丁目10-18
       Tel:088-631-8100 Fax:088-631-8325
 ■ E-mail: info@awapaper.co.jp
              ( IRに関するお問い合わせ ir-info@awapaper.co.jp )
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Copyright 2019 AWA PAPER & TECHNOLOGICAL COMPANY, Inc. All Rights Reserved.

メールマガジンバックナンバー

ページのトップへ