最良を目指す

2020年10月27日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 ■ AWA PAPER NEWS ■ 
                                                               
    機能紙・不織布の共同開発メーカー 阿波製紙株式会社        
   vol.190 【 2020/ 10 / 27 】        
                                       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  https://www.awapaper.co.jp/ 

 ≪目次≫ 
       
 01:[ ご 挨 拶] 今月の社長メッセージ
 02:[ コ ラ ム] お客様の期待にお応えする

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■  ご 挨 拶 ■
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
 最良を目指す
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                         代表取締役社長 CEO兼CIO  三木 康弘


 菊薫る候、徳島では秋を楽しむ過ごしやすい気候となってまいりました。
Go Toキャンペーンもあり日本のコロナ対策の自粛ムードは緩みはじめ、
人の移動に伴い経済回復の機運は広まってきました。しかしながら、
欧州などでは感染拡大第二波が襲って来ているようですし、米国は
大統領選挙で大混乱が予想され、権威主義体制の国家が民主主義を
圧倒しつつあるなど、コロナ禍も世界経済も社会体制も予断を許さず
時代の進路が混迷している有り様です。如何に生きていくべきなのか、
背骨を通すような指針が求められます。

 個人の働き方や生活様式も大変革を迎えており、企業におけるDX
(デジタルトランスフォーメーション)は単なる生産性向上だけでなく、
生み出す成果をいかに社員の豊かな生活と成長のために分配できるかが
問われています。人への投資無くして企業の成長は無く、新しい時代の
企業経営とは、重視すべきは何か、深いディスカッションの必要性を
痛感します。

 そのような中2020年度も下半期が、コロナ禍一色であった上半期から
脱却し、期初の目標に近づけるべく知恵を絞る中で始まりました。
コロナ禍のお陰で見えてきた課題は多くあります。個人の家も車も
遊休資産と考えれば、様々な活用が考えられます。
オンラインの活用により、都心に常にいる必要も無くなり、海外出張も
代替できています。一方リモートワークの弊害や限界も表面化してきました。
新常態とは、上手にDXを使いこなし、豊かな環境の中で感性を高め、
相互に配慮された従来以上のコミュニケーションを実現して
人間関係を構築していくことではないでしょうか。その結果として、
業務が効率化され、顧客サービスが高まり、仕事の付加価値が増え、
社員の生活が豊かで健康的になり、ひいては社会問題の解決に
繋がるのだろうと考えています。

 当社に於きましては、4月以降営業部門の一部を東京から徳島に
移管してきましたが、今月から営業の事務部門も徳島に移し、
業務停滞リスクや通勤リスクの軽減を図ると共に、生産部門との
コミュニケーションや業務の効率化を通じ、新たな顧客価値、
従業員価値そして企業価値の向上と創造を目指しています。
健康経営も未実現の重要課題となっています。“今”が常に
ベストな状態であることはなく、単に売り上げ拡大を目指す
状況でもありません。だからこそ、常に最良を目指していきたいと
思います。市場や顧客にとって、従業員にとって、社会にとって、
そして会社にとって最良は何かを改めて問いながら、
下半期は全力で走って行きたいと思います。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ コ ラ ム ■
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
 お客様の期待にお応えする
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                           生産管理部長 安田 和明


 コロナ禍でさまざまなイベントが中止、変更を余儀なくされた2020年。
プロ野球の毎年恒例のビッグイベントのドラフト会議も感染防止の観点で
多くの制限が設けられ、12球団に用意された各個室からオンラインで選手を
指名するなど、今年は例年と違った「新様式」のドラフト会議となりました。

 「新様式」といえば、当部も、県外のお取引先様との面談についてWEBを
利用しての面談がメインとなっており、お取引先様の皆様には来社制限も
設けさせていただき大変ご不便をお掛けしており申し訳ございません。
 振り返りますと、私が、以前当部購買課へ異動した約20年前の時代は、
3密が当たり前の時代で、諸先輩方が口角、泡を飛ばしQCD(Quality、
Cost、Delivery)を交渉していたのを記憶しています。私自身もそれを
目の当たりにしていますのでこのスタイルが身について、最初はWEB面談に
馴染めませんでしたが、少し前から、このスタイルがスタンダードになり
やっと馴染んでまいりました。しかし、重要な案件については、
WEBではなくソーシャルディスタンスを守りながら実際にお会いして、
双方が納得するような結論を見出すようにと考えております。

 また、コロナ禍で、多くの日本企業のサプライチェーンが寸断され
生産活動に支障をきたすということが発生しました。日経ビジネス社が
主要企業に7月で緊急アンケートを実施し、コロナ・ショックによる
生産活動への影響はどの程度だったか、危機に備えてサプライチェーンを
どう見直していくのか、の質問に対し、自動車や電機、製薬などの
116社からの回答がありました。生産活動に支障があったと回答した企業は
116社のうちの83.6%(97社)、サプライチェーンの見直しを
検討しているかどうかについては、「具体的に動き出した」、
「対策を検討中」、「これから検討する」を合わせると、80.7%(88社)
に上る企業がサプライチェーン見直すという結果となっています。

 当社は、サプライチェーンが寸断されることもなく生産活動への支障は
発生していませんが、サプライチェーンを今一度見直し、リスクを抽出して、
今以上に強固なサプライチェーンを確立して、お客様へ製品を安定的に
お届けできるように進めて参ります。

 ドラフト会議も球団がファンの期待に応えるべき勝利のため
補強ポイントを決めて選手を指名しています。当社もお客様(ファン)の
期待に応えるべく、お客様が求められるQCDで環境に配慮した製品を
提供し続けていく所存です。


参考:「日経ビジネス 電子版」



 最後までお読みいただきまして誠にありがとうございました。
 ご質問、ご感想などを下記にお寄せいただけましたら幸いです。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 発 行:阿波製紙株式会社 https://www.awapaper.co.jp/
 ■ 連絡先:770-0005 徳島市南矢三町3丁目10-18
       Tel:088-631-8100 Fax:088-631-8325
 ■ E-mail: info@awapaper.co.jp
              ( IRに関するお問い合わせ ir-info@awapaper.co.jp )
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Copyright 2020 AWA PAPER & TECHNOLOGICAL COMPANY, Inc. All Rights Reserved.

メールマガジンバックナンバー

ページのトップへ