新しい資本主義

2021年11月26日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 ■ AWA PAPER NEWS ■ 
                                                               
    機能紙・不織布の共同開発メーカー 阿波製紙株式会社        
   vol.203 【 2021/ 11 / 26 】        
                                       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  https://www.awapaper.co.jp/ 

 ≪目次≫ 
       
 01:[ ご 挨 拶] 今月の社長メッセージ
 02:[ コ ラ ム] 研究開発部の取り組みについて
 03:[二 ュ ー ス] 令和3年度稲荷神社祭ならびに創立105周年記念式典開催
 04:[二 ュ ー ス] 組織変更のお知らせ
 05:[二 ュ ー ス] 「第9回阿波製紙グループ みんなのKAIZEN発表会」開催
 06:[二 ュ ー ス] 「INCHEM TOKYO 2021」に出展


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■  ご 挨 拶 ■
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
 新しい資本主義
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                   代表取締役社長 三木 康弘


 秋も深まり紅葉が見ごろの良い季節となりました。日本は世界的にも
不思議なぐらい新型コロナウイルス感染が収束してきまして、国全体が
恐る恐る元の日常に戻ろうとしています。マスク姿は既に常態となりましたが、
第6波にはしっかり備えつつ季節を楽しみ、経済再生に向かっていきたいと
思います。

 さて世界経済を見ますと原油先物価格が80ドルを超える上昇圧力の中、
遂に米国を主として日中印などが協調した原油備蓄の放出が決まり、
ガソリンをはじめとするインフレ圧力の抑制に踏み出しました。
効果性に疑問の声も上がっていますが、明確なメッセージは次の対策も
予想させます。為替相場は115円をつける円安傾向でもあり、少しでも
原燃料価格が抑えられると有り難いですね。

 一方先の解散総選挙で勝利した岸田総理は、大型経済対策を打ち出すと
共に、新しい資本主義を掲げられました。これは原丈人氏が提唱されている
「公益資本主義」と言われる「企業が株主の短期的利益より中長期的な視点に
立った経営を優先する社会を目指すものであり、株主だけでなく社員や地域、
環境などへの貢献を通じて自らの価値を高め、持続可能な経済成長を実現する」
考え方です。これは非上場企業や中小企業でも通ずるものであり、
「分配なくして次の成長はない。成長と分配の好循環を実現し、国民が
豊かに生活できる経済を作り上げていく」と総理は発言されています。
是非この公益資本主義の精神を実現して頂きたいと願います。

 しかしながら企業に於いては、利益無くして分配は出来ません。
しっかりと自助努力で利益を出し、然るのちに公益に寄与して行く事が
道理と言えます。  
 当社におきましては、コロナ禍の影響を未だ引き摺っておりますが、
対策を講じると共に独自の素材技術を革新して高機能商品を開発し、
コロナ禍で加速された変化に対応していきたいと思います。
今月は創立105年の式典を行い今後の発展を誓い合いました。
そして特にこれからの自動車のEV化や水資源の循環利用に貢献する事は、
SDGsと共通するビッグチャンスであり新たな成長のエンジンにしようと
掲げています。


(令和3年度稲荷神社祭ならびに創立105周年記念式典開催)
 ⇒ https://www.awapaper.co.jp/news/news_20211112_456.html

(「第9回阿波製紙グループ みんなのKAIZEN発表会」開催)
 ⇒ https://www.awapaper.co.jp/news/news_20211126_458.html

(「INCHEM TOKYO 2021」に出展)
 ⇒ https://www.awapaper.co.jp/news/news_20211126_454.html


 阿波製紙は持続可能な開発で、地球上の誰一人取り残さない、
より良い世界を目指して参ります。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ コ ラ ム ■
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
 研究開発部の取り組みについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                              研究開発部長 大坂 勝巳 


 アフターコロナになりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
 緊急事態宣言が明け、研究開発部も徐々に県外に出張できるようになり、
訪問による案件対応とWebを活用した案件対応の両者で研究開発を行って
おります。

 現在、研究開発部は四課体制で運営しております。
 研究開発一課は自動車用フィルター関係及び合成繊維紙関係、研究開発
二課は一般産業用資材として主に無機粉体紙関係、これらは一課、二課共に
既存品の改善・改良は元より、お客様の創造的分野の開発にも携わっています。
要素技術課は、当社コア技術のシンカ、及び、時間軸の長い多用途展開に
重点を置いたテーマ開発を行っています。
 知的財産課は、当社の販売する製品はもとより、新規開発品の知的財産
保護や知的財産戦略の立案を担当しています。

 既に皆様ご存知と思いますが、自動車の電動化が急速に進んでいくことが
予想されております。このような中、かねてより開発に取り組んできた
車載リチウムイオンバッテリーの熱対策材料としてM-thermoの商品化を
致しました。
 M-thermo断熱材は、当社コア技術を用い、既存市場とは異なる他用途への
展開で商品化を行いました。また、導電系と絶縁系の2種類でラインナップ
されているM-thermo熱拡散材は、黒鉛紙のコア技術を用いて商品化を行って
おります。

 今回は、特に要素技術の一つであるセルロースナノファイバー(以降、CNF
と略します)の取り組みをお知らせします。CNFはセルロース繊維をナノレベル
まで細かく解繊することで生まれる最先端のバイオマス素材です。主に
植物繊維由来であり 『環境負荷が小さい』『軽量』『高弾性』『高強度』
『ガスバリア性が高い』などの特徴を持っておりサスティナブルな原料
として用途開発を進めています。
 当社ではCNFの単一配合品や大量生産を目指すのではなく、他種の材料を
併用しながら、CNFを調整・配合し、目的にあった様々な特徴を発現できる
よう取り組んでいます。
 また上記以外のナノファイバーとして植物繊維由来でないもの、カーボン系、
合成繊維系も研究を進めており、その特徴をいかした活用を検討しています。

 一方、CFRTP(炭素繊維強化熱可塑性プラスチック)では、軽量化、高剛性、
易成型性を付与したマット材(プレス前のシート)、及びプレス品について
幅広い分野における材料の開発を進めています。またリサイクル炭素繊維の
使用も検討を行っています。
 2020年10月に日本政府が発表した「2050年カーボンニュートラル宣言」に
則り、当社でも脱炭素社会を実現するため、環境負荷低減商品の開発に
注力していく所存です。

 引き続き皆様のご期待に沿えるよう尽力してまいりますので、今後とも
よろしくお願い申し上げます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 今月のトピックス ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ トピックス 1  
  令和3年度稲荷神社祭ならびに創立105周年記念式典開催
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
 2021年11月12日(金)
 当社は、11月10日、恒例行事である稲荷神社祭ならびに創立105周年
  記念式典を本社・徳島工場にて開催いたしました。
  → https://www.awapaper.co.jp/news/news_20211112_456.html
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――

■ トピックス 2  
  組織変更のお知らせ
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
 2021年11月16日(火)
 当社は、12月1日付で組織変更を行いますので、お知らせいたします。
   → https://www.awapaper.co.jp/news/news_20211116_457.html
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――

■ トピックス 3  
  「第9回阿波製紙グループ みんなのKAIZEN発表会」開催
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
 2021年11月26日(金)
 当社は、11月19日、「第9回阿波製紙グループ みんなのKAIZEN発表会」を
  開催いたしました。
   → https://www.awapaper.co.jp/news/news_20211126_458.html
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――

■ トピックス 4  
  「INCHEM TOKYO 2021」に出展
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
 2021年11月26日(金)
 当社は、産業プラントにおける水処理技術の専門展示会 第11回産業向け
 水処理対策展(水イノベーション)に膜分離活性汚泥法用浸漬膜ユニット
  M-fine のブースを出展いたしました。
   → https://www.awapaper.co.jp/news/news_20211126_454.html
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――


 最後までお読みいただきまして誠にありがとうございました。
 ご質問、ご感想などを下記にお寄せいただけましたら幸いです。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 発 行:阿波製紙株式会社 https://www.awapaper.co.jp/
 ■ 連絡先:770-0005 徳島市南矢三町3丁目10-18
       Tel:088-631-8100 Fax:088-631-8325
 ■ E-mail: info@awapaper.co.jp
              ( IRに関するお問い合わせ ir-info@awapaper.co.jp )
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Copyright 2021 AWA PAPER & TECHNOLOGICAL COMPANY, Inc. All Rights Reserved.

メールマガジンバックナンバー

ページのトップへ