サステナビリティ基本方針

サステナビリティ基本方針

阿波製紙株式会社は、「顧客に最適な機能を提供し、環境にやさしく、便利で快適な生活と文化を創造する」という企業理念のもと、百年以上の歴史を礎に、「経験」「知識」「発想」をさらに広げ、持続的な社会の実現に貢献します。

  1. 社是に掲げる「道徳経済合一」主義のもと自らを律して高い倫理観をもって、公正で誠実な事業活動を推進します。
  2. ステークホルダーとの共創により新しい価値を生み出し、リスクと機会の両面からマテリアリティ(重要課題)に取り組み、中長期的な事業成長を目指します。
  3. 環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)に関する社会的課題の解決に適切に対応し、従業員のエンゲージメント(自発的貢献意欲)の向上に取組み、持続的な企業価値向上を目指します。

サステナビリティ委員会

(目的)

サステナビリティ基本方針に基づき、サステナビリティの視点を踏まえた企業活動を通じて社会的課題解決への貢献と企業としての持続的成長の両立を実現します。

(役割)

当委員会は、ステークホルダーの視点に立ったサステナビリティ推進に関するマテリアリティ(重要課題)に対する具体的な取り組み施策と中長期経営計画との連動に関する検討および審議を行うとともに、取組み状況のモニタリング等を実施し、取締役会に報告します。

(体制)

当委員会は代表取締役社長が委員長として経営会議メンバーが中心となり構成します。